2014年07月28日

蛍舞う地で育まれた【塩沢産】魚沼コシヒカリ【新米御予約】新潟魚沼の中の 旧塩沢町産コシヒカリにこだわっています。【塩沢産】魚沼コシヒカリ 棚田米 5kg

蛍舞う地で育まれた【塩沢産】魚沼コシヒカリ【新米御予約】新潟魚沼の中の 旧塩沢町産コシヒカリにこだわっています。【塩沢産】魚沼コシヒカリ 棚田米 5kg蛍舞う地で育まれた【塩沢産】魚沼コシヒカリ【新米御予約】新潟魚沼の中の 旧塩沢町産コシヒカリにこだわっています。【塩沢産】魚沼コシヒカリ 棚田米 5kg

名 称精 米産地新潟県南魚沼市(旧 塩沢町)品種コシヒカリ産年平成26年使用割合単一原料米内容量5kg保存方法冷蔵保存が理想です。(お米は、保管温度が高くなると呼吸をして酸化する事で美味しさが損なわれていきます。精米日ではなく保管状況(冷蔵)が大切なんですよ。)特 徴新潟県 魚沼産コシヒカリの中でもほんのわずか、2009年日本で消費された米は850万t一方南魚沼、旧塩沢地区の生産量は8,300t単純計算で塩沢産のコシヒカリを口にすることの出来る人は1000人に1人私どもうおぬま倉友(そうゆう)農園はそこにこだわります!↓ホタル舞う 新潟南魚沼、塩沢をイメージしてみました。ホタル舞うまで少々お待ち下さい環境で選ばれたお米 棚田米蛍の生息する土地は自然豊かで水が綺麗なところでなければ  蛍舞う良き水の源は 山にあり魚沼の山が良き水の源となり蛍舞う地をうるおし棚田米の美味しさの源となります。うおぬま倉友(そうゆう)農園は巻機山(まきはたやま)のふもとに位置しておりますがこの巻機山の名の由来は機織(はたおり)の神様が住まう山と皆が崇めていたところから山の命名に至ったと伝えられています。南魚沼、塩沢とはこのような土地です。 うおぬま倉友(そうゆう)農園〒949-6543新潟県南魚沼市早川183tel:025-782-5253  fax:025-782-6831gokujoumai2@shop.rakuten.co.jp
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]

-----
posted by hsaco at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。